考え方を変えるだけで今の2倍英語が話せるようになる4つのヒント

26063463_10154950519781945_2681558497343665641_o.jpg


今までたくさんの英語学習者・日本語学習者を見てきましたが、最近言語学習についてますます疑問に思うことがあります。なぜ、勉強しても勉強しても話せない人がいるのか。逆になぜ、初級レベルでもそれなりにコミュニケーションを取れる人がいるのか。

日本人は英語のスピーキングが苦手だとよく言いますね。読み書きはできても話せない、と。実際に話す機会がないというのも問題だと思いますが、観察を重ねた結果最近、一番の原因は「考え方」だという結論に至りました。読み書きできる文法と単語が頭の中に入っているなら、話せないわけがない。それが「うまく文をまとめられない」「頭が真っ白になってしまう」「会話が続かない」となるのは、意識の問題が大きいのです。

・・・と言っても抽象的過ぎてよくわからないと思うので、具体的に4つの提案をしたいと思います。すべて私が英語を話すときに心掛けていることです。私はこの考え方で英語を話すことにより、中学3年生の時点で英語で言いたいことをだいたい言えるようになっていました。ご参考になれば嬉しいです。




1.とにかくしゃべる

言葉は、単語さえあれば何とか伝わるものです。日本語でも「昨日、食べる、寿司」と言われたら、「ああ、昨日寿司を食べたんですね」と分かりますよね。私の母は”Do you” や “Have you”で疑問文を始めずに、ただ文末だけ上げて疑問文にしてしまいます。”You like natto?”といった感じ。文法的に言うと、”Do you like natto?”でしょ?と思いますが、通じるんです。問題ありません。

まず頭の中で完璧な文ができないと話し出せないという方、損をしていると思います。私も今でも、どうしても英語の良い表現が見つからないことがあります。そんな時は、間違っていると知りながらも、単語を並べてみる。すると、大概通じます。子供野球のバッティング練習のように、最初は下手でいいんです。バットを振り始めないと、いつまでも当たりません。

2.シンプルに考える

「あの、『世界各国の首脳は北朝鮮をけん制している』って英語でどうやっていうんですか?」という質問を日本人の方から受けることがあります。「そんな難しい文、英語にできるわけないじゃん!!!!」とツッコみたくなってしまいます。私も「首脳」とか「けん制」などのビッグワードを全て知っているわけではありません。辞書で引く?そんなことをしていては一生かかっても英語が話せない。だから頭の中で自然に考えているのです。「それってもっと簡単に言うとどういうこと?」

例えば、「世界中の国々のリーダーが、北朝鮮に注目している」はどうでしょうか。これならもっと言いやすいかも。英語を話すとき、この「簡略化装置」をいつも頭に置いてください。日本語と同じレベルで英語を話そうと思っても、無理。長い長い文を作って、「さあ、これを英語にしよう」と思うと、身動きがとれなくなります。

例えば、昨日の一日について、「新しく近所にオープンしたラーメン屋へ行って、美味しいチャーシュー丼を食べました」と言いたいかもしれませんね。でも、言えないとする。その時は、「昨日ラーメン屋さんに行きました。そのラーメン屋さんは新しいです。私の家の近くにあります。そこでチャーシュー丼を食べました。とてもおいしかったです。」と言えばいいのです。小学生の作文のように聞こえますが、そこからスタートしてどんどん文が長くなれば良し。恥を忍んで「小学校の作文」に戻りましょう。

3.質問をする

外国人と英語で楽しく会話ができたら楽しいだろうな…と思っていても、いざ会話となると、「どう話をつないだらいいの?」「気まずい!」「もっと色々お話しできたらいいのに」と残念に思う方。質問をしてみてください。そうです。たくさん。それにはまず、(たぶん自分より英語の上手な)相手に話してもらうという目的があります。「ご家族はお元気ですか?」「お仕事はどうですか?」そんなシンプルな質問から会話が広がります。

そして、相手が答えるときに使う単語、文法に注意を払ってください。相手が答えた後、「あなたの方は?」と聞かれるかもしれません。そうしたら、その人の話し方をまねて、自分についても話せばいい。単に自分の方から色々話すより、楽だと思いませんか?先制攻撃をして、相手の出方を見て、自分も策を練る。立派な戦略です。

4.会話を通して学ぶという意識を持つ

上の3つの提案を読んで理解していただけたかと思いますが、英語学習者が英語を話すには、まず「かっこ悪い姿をさらす」勇気がいるのです。文法も発音も間違える。小学生のように単純な文しか言えない。言いたいことが言えないからとりあえず質問してみる。あなたは、この屈辱に耐えられますか?耐えられない人が多いんです。大げさに聞こえますが、まさにこのプライドの高さこそが英語のスピーキングの邪魔をしているのです。自分はまだ学習中。完ぺきではないし、外国語なんだから完全にマスターできることは一生ない。でも学んでいく・・・。そういう覚悟で話し続けられる人が、本当に話せるようになる人です。




参考になりましたでしょうか。英語で不自由なく会話できるようになるのはもちろん、発音やイディオムを学ぶことを含め、時間がかかります。しかし考え方、意識を変えるだけで今より2倍3倍はなせるのに!という惜しい方がたくさんいらっしゃいます。

これは、と思うものがありましたら、ぜひ実践してみてください。

また、参考になりましたら、いいね・シェアお願いいたします!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


Post a comment

Private comment

プロフィール

kokeko

Author:kokeko
北海道のじゃがいも農場で育ちました。じゃがいもが好きです。よくじゃがいもに似ていると言われます。高校で英検1級&TOEIC965点取った勉強法や、2016年夏から始まるアメリカ留学について書いていきます。英語を勉強している方、英語の先生方、留学を考えている方のお役に立てれば嬉しいです。ブログランキングに参加しています。応援お願いします。にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR